外付けhddが認識しないなら業者に相談|簡単復旧サイト

パソコン

便利なメールサービス

PC

一般メールが不便と感じているなら、ウェブメールを活用すると良いでしょう。ウェブメールは、とても利便性が高いので、とても役立ちます。ただ、サーバが停止すると使えなくなってしまうので、気をつけるべきです。

読んでみよう

ビジネス向けのサービス

PC

ファイルサーバとクラウドストレージは、それぞれ大きな違いがあります。その両方の良さを兼ね備えているのが、クラウド型ファイルサーバです。セキュリティ力も利便性も高く、ビジネスに向いています。

読んでみよう

必要な機能

HDD

法人向けのオンラインストレージを選ぶときは、フォルダー管理や権限管理、ウイルス対策などの機能があるかどうか確認しておくべきです。このような機能が揃っていれば、安心して使うことができます。

読んでみよう

復旧にかかる費用

HDD

外付けhddが認識しない場合は、USBケーブルや電源ケーブルがしっかり接続されているか確認したほうが良いです。初歩的なミスをしていて、認識しない場合もあります。1度抜いて、再度接続するだけで認識する可能性もあります。これでも動作しない場合は、hdd自体が故障していることが考えられます。外付けhddのトラブルで非常に多いのですが、フォーマットされていないというエラーメッセージが表示されることです。これが表示されているときは、外付けhddにアクセスすることはできません。この状態でフォーマットをしてしまうと、完全にデータを失ってしまうので、絶対に避けたほうが良いです。対処法が全くわからないときは、データ復旧業者に依頼したほうが安全です。

データ復旧業者に外付けhddの復旧を依頼した場合、軽度な論理的障害なら30,000円~60,000円程度の料金で対応してくれます。重度になると100,000円~250,000円程度と高額になりますが、それでも物理的障害よりも料金は安いです。物理的障害は、軽度でも70,000円~100,000円程度かかります。重度の物理的障害になると、200,000円~600,000円はかかってしまいます。基本的に復旧にかかる費用は、復旧の難易度と容量によって変わってきます。難易度が低い障害でも、hddの容量が大きくなれば、費用も高くなります。いずれにしろ企業の大切なデータを復旧させるためには、多少の出費はかかります。また、復旧の費用とは別に、hdd代金がかかることもあるので事前に確認しておいたほうが良いです。